白と黒

スキル向上のためのWebサイト

科学をもとに
パフォーマンスを高める最高の方法

Webサイトをつくるまで

WordPressでWebサイトを作るまでの工程

 

 

 

ここでは、実際にこのサイトをつくるまでに至った過程を詳しく解説していきます!

まずはサーバーや独自ドメインなどの基礎知識から解説していき、その後契約の仕方などの解説に入ります。

基礎知識などを既に知っている場合は、読みとばしてください。

 

初心者でもわかりやすく、あえて1ぺージに全て詰め込みました。

 

基礎知識を知ろう!

サーバーってなに?

端的に言うと、サーバーとはパソコンのことである。

ただ、みなさんがよく使うパソコンとは違い、インターネットを介してみんながそのパソコンにアクセスをすることができます。

たとえば今見ているこのサイトも、あるサーバーに置いてあるファイルなのです。

インターネットに存在するすべてのページはサーバーにあると思ってください。

 

現実世界と照らし合わせた例にすると、サーバーは土地です。

家(ホームページ)を建てるには土地が必要ですよね?

その土地こそがサーバーです。

 

ドメインってなに?

ドメインとは、サーバー(土地)の場所(住所)のことです。

サーバーにホームページを作っても、それがどこにあるのかわからないですよね?

家を作っても住所がわからなければ誰もたどり着けません。

そこで、サーバーにも住所をつけてあげることで、みんながそれをみてホームページまでたどり着けるということです。

 

http://sirotokuro.com/

ここでいうと、『sirotokuro.com』の部分が独自ドメインです。

 

 

最初に言っておきますが、独自ドメインは必ず必要というものではありません。

なぜなら、もともとサーバーには住所が割り当てられているからです。

では、なぜ独自ドメインを取るのかというと、理由は3つあります。

 

  1. URLを自分の好みの合わせられる
  2. ドメインに価値を付けられる
  3. SEO対策になる

 

順番に見ていきましょう。

 

1.URLを自分の好みに合わせられる

まず、サーバーに割り当てられているドメインは、もともとのサーバーの名前が必ず入ります。

たとえばロリポップの場合だと、

【http://sirotokuro.hippy.jp】

sirotokuroの部分は自由に決められますが、そのあとの文字はサーバー指定のものになります。

しかし、独自ドメインは.comや.jpなどの有名なドメインを取得することができます。

この部分は見た目だけではなく、サイトの信頼などにも関わってきます。

また、ドメインはメールアドレスにも付加されますので、メールの信頼にも直結します。

〇〇〇@sirotokuro.com

@マークより後ろの部分がドメインです。

もちろん、メールアドレスでは.jpが有利になります。

 

2.ドメインに価値を付けられる

独自ドメインを使わない場合、サーバーを変えるとURLが変わります。

まったく同じサイトを構成することはできても、URLの部分が変わると、今までサイトをブックマークしてくれていた方や、リンクを貼られていた場所からのアクセスができなくなります。

今まで訪問してくれていた方を、新しい場所に誘導するのはとても大変です。

しかし、独自ドメインを使うとそういうことは一切ありません!

なぜなら、URLが変わらないからです!

 

独自ドメインは個別に管理されていて、どのサーバーにも自由に割り当てることができるのです。

個別管理の観点から、ドメインそのものに価値があることが言えます。

サーバーに何があろうと、サイトのデータが消えようと、ドメインは消えません。

いっぱいブログを書いて成長するのはサイトだけではなく、ドメインと共に成長していきます。

 

3.SEO対策になる

これは、「検索エンジンにかかりやすくなる」という意味ではなく、SEO効果をキープするという意味合いです。

どういうことかというと、検索エンジンは優位性のあるものを上位にあげます。

そして、その情報は保持されるのです。

しかしサイトを移行してURLが変わってしまうと、その情報は破棄され、またふりだしに戻ります。

 

ですので、厳密に言うとSEO対策ではなくSEO対策をキープできるということです。

 

契約してみよう!

サーバー(土地)を契約しよう!

では、実際に契約までの流れを見てみましょう。

ここでは【ロリポップ!】を使っていますので、ロリポップでの流れを解説していきます。

 



 

まず、サーバーのレンタルにはお金がかかります(初期費用・月額費用)

簡単に表にまとめてみます。

 プラン 料金(月) ディスク容量 転送量(日) PHP(モジュール版)
エコノミー 100 10GB 40GB 非対応
ライト 250/300※1 50GB 60GB 非対応
スタンダード 500/600※1 120GB 100GB 対応
エンタープライズ 2000/2300※1 400GB 無制限 対応

※1)6・12・24・36ヶ月契約の料金/1・3ヶ月契約の料金

 

ロリポップには4種類の料金プランがあり、安いものから順に エコノミー・ライト・スタンダード・エンタープライズ です。

月額料金は契約期間によって異なり、長く契約するほどお得になります。

結論から言うと、スタンダードプランが一番コストパフォーマンスに優れます

最大の理由が、PHPのモジュール版に対応していることです。

このPHPモジュール版というのは、PHPというファイルの読み込み速度が速いという特徴があり、これにはSEO対策の効果もあります。

ワードプレスはPHPで構成されており、このモジュール版の影響をダイレクトに受けます。

これがスタンダードプランを勧める大きな理由です。

 

これらのプランを一度契約してしまっても、あとからグレードアップすることもできますので、ライトプランから始めてみてもいいかもしれませんね。

ただし、高いグレードのプランから低いグレードのプランに変更することはできません。

それと、プラン変更の際には、現在のプランの残りの契約期間分の料金を払わないといけません。

そこだけ注意してください。

 

ちなみにサーバーはいろんな企業がレンタルをしていますので、自分に合ったサーバーをみつけてみるのもいいですね!

中には無料のサーバーもありますが、そちらは商用利用ができなかったり、サイトに強制的に広告が入ったりするのでお勧めはしません。

 

 

では、お申込み画面にすすみ、プランを選んだら次の画面まですすみましょう。

アカウント名は「http://sirotokuro.hippy.jp/」の「sirotokuro」の部分です。

ここは好きな名前にできます。

ドメインは「hippy.jp」の部分で、ロリポップ指定のものになりますが、豊富な種類があって好きなものをえらんでください。

 

残りの項目も入力したら、「お申込み内容入力」のボタンを押しましょう。

次に、このような項目があります。

 

「サーバー移行ですか?」は「いいえ」で問題ありません。

 

契約の自動更新とは、クレジットカード情報などを登録しておくと、契約更新時に自動的に決済をして更新してくれるというサービスです。

もしこれを指定せずに、更新時に支払いを忘れたりするとややこしいことになるので、自動更新にしておくと安心です。

自分できちんと覚えていて、手動で更新ができるという人はチェックを外してもいいかもしれません。

 

次にオプションですが、これらは非常に便利なサービスです。

バックアップはサーバーにあるデータを自動でバックアップしてくれるのですが、これをもし自分でしようとするととんでもなく大変な作業になります。

突然データが消えたりウイルスに感染したりということはあまりないのですが、もしもなにかあったときにバックアップをしていないと、すべてのデータが消えるおそれがあるので、保証という意味で加入しておくと安心です。

プランの月額料金と比較すると高く見えますが、手間などを考えると、月額300円は安いです。

 

あとは所定の手続きを済ませて終わりです。

サーバーの設定などは後述します。

 

独自ドメイン(住所)を契約しよう!

次は、サーバーの住所を決めましょう!

独自ドメインの管理会社はいろいろありますが、ここでは【お名前.com】で解説していきます。



まずは取得したい文字を入力して「検索」を押します。

すると、入力した文字に「.com」などのドメインが付きます。

「選択できます」となれば取得可能ですが、「取得できません」となっていた場合、それはすでに使われているので、検索文字を変えるか別なドメインにするしかありません。

 

ドメインはできれば信頼度の高い「.com」や「.jp」が好ましいので、取得できない場合は検索文字を変えましょう。

この検索文字は、いまから作るサイトのテーマに合わせて取得するのがセオリーです。

そうすることでわかりやすくなり、SEO的にも好材料になります。

 

どうしても取得できない場合は、検索文字の後ろに数字を付けるなどして対応するのもいいかもしれません。

 

 

サーバーに独自ドメインを設定しよう!

独自ドメインを登録しても、そのままでは使えません。

なので、サーバーと独自ドメインをつなげてあげましょう!

 

お名前.comでネームサーバーの設定をしよう!

1.お名前.comにログイン

すると次の画面が表示されます。

この画面になったら「その他」をクリックします。

 

2.ネームサーバー情報の入力

次の画面が表示されたら、少し下の方に「2.ネームサーバーの選択」という項目の「その他のネームサーバー」をクリックします。

そしたら入力画面になりますので

「プライマリーネームサーバー」に「uns01.lolipop.jp」を

「セカンダリネームサーバー」に「uns02.lolipop.jp」を入力して、確認ボタンを押します。

 

これで、お名前.comでの作業はおわりです。

 

ロリポップでネームサーバーの設定を完了させよう!

1.ロリポップにログイン

ロリポップの管理画面が表示されます。

次に「サーバーの管理・設定」⇒「独自ドメイン設定」にすすみます。

 

2.独自ドメイン情報入力

入力項目が2つありますが、どちらも登録したドメイン名を入力してください。

「sirotokuro.com」で入力した場合は「sirotokuro.com」と入力します。

 

あとは「独自ドメインをチェックする」を押すと完了します。

 

もしも完了しない場合は、お名前.comの方の手続きの反映がされてない可能性があるので、その時はしばらく待ってからリトライしましょう。

 

これでドメインを割り当てることができました。

次はいよいよWordPressの導入です!

 

WordPressを導入しよう!

ロリポップではWordPressを簡単にインストールできるサービスがあります。

今回はそのサービスを使ったインストールのやりかたを説明します。

本当に簡単なので、必要最小限で説明していきます。

 

1.ロリポップにログイン

まずはロリポップにログインして、管理画面を表示させます。

「サイト作成ツール」⇒「WordPress簡単インストール」の順ですすんでいきます。

 

2.WordPressの初期設定

 

重要な項目だけ、それぞれ説明していきます。

 

1.サイトURL

これはトップページのURLをどれにするかということです。

基本的には独自ドメインを設定して、右のボックスは空欄でもいいのですが、もしもWordPressではなくほかのページをトップページにしたい場合はドメインのURL以降に任意の文字を入力してください。

 

2.サイトのタイトル

あとからでも変更できます。

 

3.ユーザー名・パスワード

これはWordPressにログインするときの情報で、自由に設定できます。

 

4.プライバシー

これは検索エンジンにひっかかるかどうかということです。

「未完成の段階では非公開にしておきたい」という場合にはチェックを入れておきます。

チェックをした場合、サイトが完成したあとに「設定」からチェックを外すのをお忘れなく。

 

 

 

これでおわりです。

あとは作成後のページに管理URLがありますので、そこからログインしてください。

 

 

まとめ

お疲れ様です!

かなり長い道のりですが、スタートさせればあとは自分好みにサイトを構築していくだけなので楽しめますね!

ただ、これはスタートです。

ここからいろんな難題がでてくるでしょう。

しかし、WordPressの使用者はかなりいるので、困っても検索すればすぐに情報はでてくるでしょう!

使い方に苦戦はしますが、それ以上にカスタマイズしていく楽しみがあります!

一緒に素晴らしいサイト作りをしていきましょう!

 

 

 

 

余談ですが、この記事は初記事です(笑)

スポンサーリンク


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。